2010年04月06日

黄氏、拉致を「反省」 担当相・家族会と懇談(産経新聞)

 北朝鮮から韓国に亡命し、来日中の黄長●(ファン・ジャンヨプ)元朝鮮労働党書記が5日夕、都内の宿泊先で、横田めぐみさん=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(74)ら日本人拉致被害者の家族会メンバーらと懇談した。黄氏は「ともに闘いましょう」と日本語で家族を励ましたが、拉致被害者の新たな情報に関する発言はなかった。

 黄氏は冒頭、「自分は40年近く党の指導理論を管理してきて、それ以外のことを知ろうとしなかった。責任を感じ、反省している」とした上で、拉致事件解決について「協力することは義務であり、道徳的任務だ」と述べた。

 黄氏は家族会との懇談に先立ち、中井洽(ひろし)拉致担当相ら国会議員と面会。「日本人拉致はよど号犯の妻にしたり、日本語を教えさせるためと聞いたことある」とし、帰国できない人がいるなら「重要なことや秘密の仕事をさせられていたのだろう」と語っていた。

 この点について早紀江さんが「どうすれば取り戻せるか」と尋ねたのに対し、黄氏は「拉致以外の(金正日総書記の)非民主的な点と合わせて追及し、脅威を感じさせるべきで、大きな枠組みで追及することが大事だ」と強調したという。

 来日前の米ワシントンでの講演で、日本人拉致被害者が「通訳として使われていたことは知っていた」と言及した点については「聞いた話で、実際に見たこともない。(金総書記に)専門の料理人がいることも知らなかった」と答えた。

 懇談後、増元るみ子さん=同(24)=の弟で家族会事務局長の照明さんは「黄氏の方法だと、早期に拉致問題が解決するか疑問に思える部分があった」と話した。

●=火へんに華

【関連記事】
黄氏来日 日本政府の「拉致問題」前向き姿勢アピールの狙い
黄長ヨプ氏来日 故金日成主席側近 拉致被害者らに面会も 
黄元書記来日 「拉致」解決へのはずみに
日本人拉致問題は「ささいなこと」 黄元書記
制裁で軌道修正の力失う北政権
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<迷い犬>殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う(毎日新聞)
北朝鮮元高官・黄氏が来日、拉致で意見交換も(読売新聞)
与謝野元財務相 新党結成で合意 平沼元経産相代表就任へ(毎日新聞)
さくらポリス、1年で46人摘発=痴漢など情報1616件−警視庁(時事通信)
元看護師を再逮捕、患者の肋骨11本折る(読売新聞)
posted by サガワ マサハル at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。